« 忘れられる橋 | Main | 農道? »

March 03, 2006

三月三日 男の祭り

昔ながらの火祭り。
「ひなまつり」ではなく「ひまつり」
なんでわざわざ三月三日に男の祭りをするかよく知らないけど、毎年三月三日に行われている。
祭りのメインになる「火」はロウソクの炎だが、さすがに大きなロウソクになるとロウが溶けてくると火の勢いがなくなってしまうらしい。
20060303blog
神社の境内の裏では常に消えないようにロウソクを削っている。

そして神社の中でも天井などに飾られたロウソクの火が消えないように常に削り続けられる。
重労働なのだろう。まだまだ寒い夜に汗だくになってやっている・・・(ただ単にロウソクの炎が熱いだけだろうけどw)
20060303blog2
この日ばかりは小さな街は男の祭りに彩られる。

ただし、いくら祭りが盛んに行われていても 家の中にはちゃんとひな人形が飾られている。
三月三日、この街だけは家に飾られているひな人形が妙に不釣り合いな気がした(^^;

|

« 忘れられる橋 | Main | 農道? »

Comments

熱そう(>__<)

Posted by: 柚実 | March 05, 2006 at 09:19

へ~!いつも勉強になります!
そして素敵な写真ですね!

床が白いのはロウが溶けた(削った)モノでしょうか?それとも雪でしょうか?

Posted by: シンパ | March 05, 2006 at 20:21

柚実さん♪
たぶん火傷するでしょうね。
blog用の写真は小さくて見づらいですけど上の写真の左手を覆っているのは当然ロウです。もちろん素手ですので逆にこのロウが熱から護ってくれるでしょうが・・・低温火傷は避けられないでしょうね(^^;

シンパさん♪
この写真でよく床が見えますね(^^;
答えは両方正解ですw
雪の上に削られたロウが積もっているんですよ。
ところで 修行の成果は?

Posted by: gen | March 05, 2006 at 22:02

素晴らしいですね。男気を感じます!

そして修行の成果は、
結果待ちが一つと これから予定のモノが一つです。 えへへ。

Posted by: シンパ | March 05, 2006 at 22:41

えへへってことは結構手応えあったようですね♪

Posted by: gen | March 07, 2006 at 00:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64603/8931255

Listed below are links to weblogs that reference 三月三日 男の祭り:

« 忘れられる橋 | Main | 農道? »