« 夜のひまわり | Main | 2006妻有アートトリエンナーレ ~止まった時間~ »

September 13, 2006

2006妻有アートトリエンナーレ

やっと妻有アートに本腰を入れられそうです。
と、思ったら 9/10でおわってるじゃないですかぁ~!(涙)
とりあえず、川西エリアから十日町下条エリアを制覇しておこうと思って行きましたが、古民家再生を目的としたアートが多い今年!そのほとんどが常設にはならず開催期間後撤去です・・・
なんのための地元民だ?(^^;
そんな中、願入地域にある「うぶすなの家」の撤去作業中に遭遇してしまいました。
もうほとんどが撤去した後で、いくつか残っているから観ていってもいいですよ。と関係者の方の暖かいお言葉(嬉涙)

写真は澤清嗣先生の「そらまめバスタブ」?
20060913blog
このお風呂、さすがに一般の方は入れないそうですが営業終了後に関係者の方は一っ風呂浴びてたそうです。。なんとも羨ましい。

家の入り口に構えているが鈴木五郎先生「かまど」
20060913_02blog
私のBBSでもhosakiさんが貼ってくれてます。
で、実はこの「かまど」今回の妻有アートの展示作品ではなく、家の備品として鈴木先生が作ってくれたものとか。。だから作品ナンバーには含まれないそうです。
鈴木先生の茶碗は一客で百万以上はする代物だそうで、実はスタッフの方が「このかまどを依頼されて作ったとしたらいくらかかるのか?」と先生にうかがったことがあるそうなんです。
その答えは・・・「2000万円でもやらない!」とはっきり言ったそうです。
そんなかまどなのですが、何せ備え付けだから 常設するかどうかはわかりませんが ここに置きっぱなしだそうですw
ま、直接訊いた訳じゃないから先生の真意は判らず ちょっとした冗談なのかどうか(^^;
因みに手前の三角錐のもの・・・実は奥に見える煙突のてっぺんに取り付けられる予定だったらしいのですが、手違いで取り付けできずにかまどの蓋の重石になってしまっているそうですw

その他にもいくつか廻って、とりあえず最初に書いた目的のエリアは撤去作品以外制覇した・・・予定だったのですが!
ちょっとした手違いでCFのdataをPCに移す前に一部消去されてしまったのです(大涙)
いや、はっきり言って私のミスなのですが、こういうのって認めたくないですよねぇ。
認めたくなくても自分のミス!
そのミスを知っているのは自分だけ・・・あぁ、考えただけでも悲しくなる(^^;

ってことで、残った常設だけでもボチボチ廻っていこうと思ってます♪

|

« 夜のひまわり | Main | 2006妻有アートトリエンナーレ ~止まった時間~ »

Comments

この家はこのあとどうなるのでしょうか?
確か、空き家というか震災で住めなくなったお宅だったはず・・・
戻ってきて、またこの家で生活するのなら、このかまどで毎日煮炊きするのでしょうか?

それにしても、このかまどで炊いたご飯のおにぎり美味しかったですよ。

Posted by: hosaki | September 16, 2006 at 20:36

>この家はこのあとどうなるのでしょうか?
この家は震災後の大雪で傾いてしまい、たしか昨冬の雪で屋根が1/3ほど崩壊してしまったとか言ってました。
持ち主は正面の家の方らしいのですが、土地は譲りはしないものの上物は要らないとのことで、今回のアートトリエンナーレでの貸し出しの条件に「返却するときは新地にして返す」というのがあるらしいですよ。
ただし、とりあえず期間契約はしていないようで、今後この家の管理は妻有アートトリエンナーレの実行委員会が行うそうです。
その時にこのかまどの所有権が誰になるかまでは判りませんが(^^;

ところで こんなこと書いていいのかな?
ここが人気blogだったら絶対書けないですよね(笑)

Posted by: gen | September 17, 2006 at 00:48

全く知らなかったので少しだけ調べてみました。

とても素敵なイベントですね。
これが夏だけのイベントとしてでなく、年間を通して継続されるものであれば もっといいのにな~と思いました。

ただ地域と自然を通してのイベントというのではなくて、アートと結び付けられていいるというのが魅力ですね!

地元の対馬が何とか盛り上がらないかとあれこれ考える中、とても参考になるイベントでした。ご紹介下さってありがとうございます!

Posted by: シンパ | September 17, 2006 at 19:07

シンパさんも興味をお持ちになりましたか。。
嬉しい限りです♪
ただ、残念なことに妻有アートトリエンナーレは三回開催と予定されており2000年から3年に一回ずつ行われて今年の開催が最終回だったんですよ。
一応地元の方からの声もあり主催者側も既存のスポンサーはもちろん、新たなスポンサーを獲得すべき動いているとは聞いてますが次の開催は未定なんですよね。

>年間を通して継続されるものであれば・・・
期間は一応決められていますが終了後も常設アートはいつでも観ることができます。
今年のものはまだアップしてませんが、ここで過去の開催から常設になったものを紹介してます。
観たことありませんでしたっけ?(^^;

2006年分もいくつか撮ってはあるのですが既存のものも全てartNoが差し替えられているため大幅に書き替えなきゃいけなくて・・・更新できてません(汗;;;

Posted by: gen | September 17, 2006 at 22:23

おそらく自然環境、地域イベントなど
興味を持ち出したのが最近なので
恥ずかしながら『2006妻有アートトリエンナーレ』で検索したのは 今回が初めてです(大汗

それと自分の悪い癖ですが
一つの事を全て把握せずに
興味ある一部を デパートの試食のように
『つまみぐい』していく程度なので自分のモノにできないようです(ひたすら汗

写真、楽しみにしてます!

Posted by: シンパ | September 18, 2006 at 12:41

ごめんなさい。
私のコメントで
>ここで過去の開催から常設になったものを・・・
などと言っておきながらリンクされてませんでしたね(^^;
このコメントの投稿者名(gen)をくりっくしてみてください。
私の妻有サイトに飛びます。
2003年以降の常設のみですが。

Posted by: gen | September 18, 2006 at 20:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64603/11886251

Listed below are links to weblogs that reference 2006妻有アートトリエンナーレ:

« 夜のひまわり | Main | 2006妻有アートトリエンナーレ ~止まった時間~ »