« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

November 30, 2006

ちょっとトラブル

えっと、母屋のほうがまた削除されてしまいました。
以前にもありましたね。
当方の借り受けているサーバースペース内にフィッシングサイトが仕掛けられたとのこと。
前回と同様の対応・・・ま、仕方ないでしょう。
と、思ったら大間違い!
なんとサーバー管理社から送られてきたメールの内容は あたかも私が故意にフィッシングサイトを設置、またはサーバースペースを提供していたかのような制裁的処置。
有料サーバーでしたので当然使用料が発生しているのですが、2年契約での支払い済みに対し管理側からのアカウント強制削除、及び退会命令。
もちろん残り約1年分の利用料は返ってきません。

私としては約一年同サーバーで運営してきて二度目の被害。
前回同様の処置があれば 残りの利用料は犠牲にしても もう同サーバーでの運営はやめよう(自主退会しよう)と思っていたのですが、結果は同じでも経過には納得いかないものがあります。

元々利用料の安いサーバーでしたから管理にあまり期待はしていなかったのですがフィッシングの仕掛けられた経緯を調べもしないで安にユーザーを削除することで解決しようという姿勢が気に入りません。

20061130

問題のレンタルサーバーはTOK2professional
以前使っていたniftyでは容量不足になり全面移行したわけですが、この一年でniftyのスペースが拡大されているようなので近々昔のURLで復帰予定です(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2006

最後かな・・・

たぶん、今年最後の紅葉狩り。
と、思って家をでた。
先日の紅葉は雨の中だったため、今日は陽の当たる紅葉が撮りたいと思って空を眺めるが・・・残念ながら曇り空。
北西の方角に青空が見えたので青空目指して車を走らせた。
私の地元から南、あるいは東方向だと、もう紅葉は終わっているからちょうどいい♪
走りながら 「この方角だと・・・ん?先日行った紅葉園の方角じゃん(^^;」
同じ撮影地で天候違い。
ちょっと前にも「虹の滝」で天候違いで撮ってみた。
撮影地が同じだと土地勘もあるし、結構撮りやすい。
で、案の定というか。到着して先日見たところと同じ風景をみると・・・全く違うw
もう葉の色は褪せており、木々を覆っていた葉々も少なくなっている。

20061124b

ま、これが季節というものだ。と自分を納得させてカメラを持って車を降りるが、空は相変わらず曇り空(汗;;;
雲の切れ間も見えなくなっているじゃないですか!
半分覚悟していたとは言え、諦めモードにて撮影開始。
タイして撮れなかったけど、もう一つの目的は達成できた。
実はこの紅葉園には「水琴窟」がある。

20061124b2

この水瓶の下に「水琴窟」があるのだが、この前来たときは雨で音を聴くことができなかった。
音を聴くために瓶の横に竹の筒が置いてあるのだが今日はその筒を使わなくても上の写真を撮るために身を屈めただけで高く響く透明感のある音が響いてくる。
その澄んだ音色を そのままの体勢で暫し聴き入ってしまった。
これだけで今日ここに行った甲斐があった♪
動こうとしたら少し足が痺れてしまい中々立ち上がれずにいた自分が少々情けなかったが・・・(笑)


| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 18, 2006

気が付けば11月もあと少し

早いですね~。
もう今年も残り6週間ほど。
考えてみれば今月だけで仕事関係の夜の時間外会議が4回はあるw
付き合いもあるから出席しないわけにもいかないし。個人的な誘いも増えるんだろうなぁ。
私はあまりアルコール飲料を飲まないんです。
全く飲めないワケじゃないけど、特に好きでもない。
以前は自分でカクテルなんかを作って飲んでましたが、飲む行為よりカクテルを作る方に興味があった程度でw
でも、この季節は誘われて飲まないワケにはいかないんですよねぇ。
今年は何故か 年末になって退職される方が数人いて、年末の忙しい時期に中途で入ってくる人もいて・・・
忘年会、歓迎会、送別会 etc
普段使わない出費がかさむんですよ。
はぁ~・・・

20061118b

いや、何が言いたいかといいますと。
K10Dが欲しいな。とただそれだけなんです(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 15, 2006

プロだから言える、プロだから言えなかったこと。

ちょっと前の話になりますが、「This is Tanaka」こと田中希美男プロの「Photo of the day」10/30の記事、読んだ方もいらっしゃるかと思います。
よくぞ言いましたね。
いやぁ、いろいろな機材のレビューを書いている田中氏だからこそ言えたことではなかったでしょうか。
でも、語調をみると余程ストレスがたまっていたのでしょうか。
田中氏の場合、写真そのものもそうですが、田中氏個人のイメージもプロとしての彼の価値を左右するような立場にいるカメラマンだと思います。
機材のレビューもメーカーに媚びを売らずに思ったことを伝える彼の姿勢を(まぁ、一線を越えたような発言は控えているでしょうが) その読者にまで向けてきています。
自分に思い当たる節のある方は多少の不快感を覚えるかも知れませんが、今まで言えなかったことを吐き出したような記事には賞賛を送りたいと思いますね。


20061115b


と言いつつも やはり未発売機の画質は気になるところであることは確かw
田中氏の意見はもっともだと思うけど 幾多の機材を使っている彼だから言える言葉。
普通のアマチュアの多くは一度手にいれたら それがメイン機種になることも事実です。
特に私も*istDを使っていて、発売された当初から他社のカメラに比べて線が太いという印象は持っていました。
DS、DS2となって少しずつ変わってきていますが それでもポンと買い換えられないのがフツ~のアマチュア。
大雑把に画質はどうなの?と言われても答えようがないでしょうけど、個人的には*istDと比べてどうなったのかなぁ?と、やはり気になるところです(^^;
一つ前の機種との画質比較は時々目にすることはありますが3つ以上前の機種との比較ってなかなか出てこないから・・・と、言っても田中氏でもこの比較はしてくれないでしょうw
ペンタックス自体も今までのラインナップは*istDを除いて 入門機と言ってます。
と言うことはK10Dはクラス的には*istDの後継機種なわけで、購入意欲のある者にとってその画質の違いは気になりますねぇ。
銀塩の場合はボディ自体はほとんど画質には関係なかったので(厳密に言えばフィルムの平面性とかいろいろあるのですが)新機種がでたからと言って画質云々は全然気にならなかったのですがデジタルはカメラという個体で画質まで左右してしまいます。
それも日々進化を続ける発展途上の分野。
悪くなっているはずはないから 気にしなくても良いと言えばいいのですが・・・

そうそう真面目にK10Dは手にいれたいと思っているのですが、最近かみさんのPCが調子悪いようで。。
う~~ん。。。すぐには手にいれられないだろうなぁ(涙)

| | Comments (2)

November 09, 2006

虹の滝 「その弐」

ということで また行ってしまいました。虹の滝w
いままで地元の人にこの名前の由来を何度か聞いたことがあるのですけど、結構曖昧なんですよね。
「幾筋もの細い水筋が落ちてきて虹のようだから」
「単純に虹のように綺麗だから」
「何本もの滝があるから虹がたくさん見える」
などの答えが多かったような気がします。(統計とってないからよくわかりませんが(汗;;;)
で、今日私なりに「ああ、虹の滝だぁ」って答えが見えてきました。
そう「虹ができる」んですw

20061109b

いや、虹自体は滝があれば割とみることのできる現象ですね。
大きな滝になれば結構日が高いところにあっても見ることのできることがあります。
でも、この滝の虹はすぐ見えなくなるんです。
「あ、虹だ」と思っても2~3歩歩くと見えなくなる。
で、気が付くと他のところに虹ができてる。
ヘタするとカメラを構えてしゃがみこむと虹が見えるのに立つと見えなくなる。
滝の周りをウロウロしながらよく見るとうっすらした虹ができたり消えたり、あそこにあったと思ったら今度はこっちに・・・・
幾筋もの水筋が岩肌を流れてきて、その微妙な角度で飛沫が飛ぶ方向が違うんでしょうね。
更に細かな段がいくつもあってそれぞれのところで飛沫が少しずつ違う方向に飛んでいる。
これが正解かどうか解りませんが「ああ、だから虹の滝って言うんだ」って実感してしまいました。
条件もあるのでしょうが、虹自体がとても薄くて私の技術では上手く写真にすることができませんでした(涙)

20061109b2

実は滝の正面に桜の樹が立っているんです。
でも、6月中旬くらいまではこの雪に覆われていて通ることができません。
というか近くに車もいけませんから数キロ延々と雪の上を歩き続けなければなりません。
4月中くらいなら雪も締まっているから上を渡って行く人がいるらしいですが、GWあたりになると気温も上がってきて歩道の上から川の上にスノーブリッチ状に積もった雪が結構薄くなってきます。とても危険な状態で ある意味今山に入って熊と遭遇するよりも大きな確率で危険に見舞われるかも知れません。
普通に行けるようになる頃には桜も散ってしまっているんですよね。
ちょっと勿体ない気がします。

綺麗なところです。
近くにお出でのさいは是非寄ってみてください。
って。。。だれも行かないですよねw

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 08, 2006

虹の滝 「たぶんその壱」

今年初めての虹の滝。
山道に入る手前の駐車場に車をとめ外にでると山道にバリケードが・・・
よく見ると看板が4枚。
向かって右から
「この先、熊出没注意!」
「立ち入り禁止!」
「車両通行止め」
「ここから先、落石の危険あり。歩行者は十分注意してください」
・・・・う~~ん行って良いのか悪いのか??w
もちろん私はここから歩いていく!と、言うことは歩行者へ対する注意を信じればいいんだな。
ってことで人一人通れる隙間からすたすたと山道へ(^^;
久しぶりに来ました。虹の滝。。

20061108b

細い沢になっているところだからほとんど陽があたりません。
ちょっと寂しい光加減だけど 綺麗でした♪

実はこの滝の正面の歩道が崩れ補修工事をされている方がいました。
もしかして「通行禁止!」って看板あったから怒られるかも・・・
と恐る恐る声をかけてみました。
「こんにちは♪」
チラッとこちらに視線を向け 軽く会釈する程度・・・忙しそうだ。
ある程度撮り終え、帰り間際に
「ありがとうございました。毎年この道は崩れて大変ですね」と声をかけると現場監督らしき人が近づいてきて
監督 「おい、だめだよ!」
心の中で--(やばい、やはり怒られるか??)
私 「え?はぁ、すみません」
監督 「ダメダメ。。今頃来たってダメに決まってるじゃない。ここ秋には朝の数時間しか陽が射さないんだからもっと早く来なきゃ!」
私 「はぁ?」
監督 「今が一番綺麗な時期なんだから ・・・山間だから そうだなぁ 7時か8時くらいに陽が当たって1~2時間でもう翳っちゃうよ。その頃来なきゃダメだよ」
心の中で--(なんだそれw)
私 「そうですよねぇ。 また機会があったら是非来ますよ。」
監督 「ああ、そうだな」
何という心温まる会話でしょう(笑)
今日も一日Happyでした(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »