カメラ・機材

April 14, 2009

流れ着くもの

今年はあまり面白いものが見あたらない。

これは。。海を越えて不法入国してきたのだろうか?
20090224_01_2
どうみてもmade in japanではなさそうだ。

これは・・・新種の生物?UMA??
20090310_01_2
まぁ、可愛いから許してしまいそう(^^;

こんな帽子をかぶった物も流れ着く。
20090310_03_2

そして冬の海は時々浜を削ってしまう。
20090310_04_2
まるでグランドキャニオンのよう・・・
と言っても高さ50cmほどだろうか。。
小さな模型をおけば特撮ができるような地形。

もう少し話のネタになるものが流れ着いてくれるといいんだけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2008

紅葉狩り

引き続き今日も77mmと40mmで紅葉狩りに出かけてきました。
いまさらですが、単焦点は綺麗にボケてくれます。

20081113_k003_450x300

こうなると欲がでてきますね。
APS-Cですから、もう少し広角側が欲しくなります。
現行で言えば21mmのLtdか?いや、来年予定されている15mmのLtdが面白そうかな・・・・
もちろん望遠側も欲しいですね。
やはり★200mmでしょうか。
と、あれこれ一人で悩んでいるのが楽しかったりするんですよねw

そう言えば天使のぺん太くんには手ぶれ補正がついてます。
撮影している最中はあまり気にもしてないのですが、上のも下のも77mmで1/25s
たぶん、ちゃんと働いてくれているのでしょう♪

20081113_k004_450x300

そうそう「手ぶれ補正だよ!」って撮ってる最中に思い出して試してみました。
TAVモードっての使ったんですけど、これ結構面白いかも。。
F1.8・1sっていう設定でTAVモード使いました。
結果はさすがにブレブレでその場で破棄してしまったから画像は残っていませんが、欲しい絞りとシャッター速度を選んでISOで露出を合わせてくれる。
もう言い尽くされていることですけど、マニュアル撮影をオートでできるって言う言葉にすると変なモードですねw

PENTAXには以前からハイパーマニュアルっていうプログラムラインから適正と思われる露出を拾ってくるっていう機能がありました。そのEV値を元に露出を操作するわけですけど、TAVはマニュアルの操作をそのままにしてオート化したって感じですね。
もう発売されてから一年半ほどの月日が流れているわけで、記事とかでその機能は知っていたけど実際に使ってみると「なるほど・・・」と納得してしまいます。
ま、かといって普段使うか?と言えば なかなか使うシチュエーションを思いつきませんがw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もみじ

ここにも何度か書いたが、私はPENTAX*istDとCanon20Dという今となってはちょっと旧型のカメラを二台つかっている。
手持ちのレンズはCanonには28-75と70-200のズーム二本しかなく、PENTAXには40mm、77mm、100mmmacro、あと28-70のズームという構成で、見てわかるとおりPENTAXは単焦点レンズがメインになっている。
Canonのほうが絵が安定しているっていうか、あまりハズレのない絵作りをしてくれ、ズームレンズで使うため、どうしてもお手軽にCanonを使うことが多かった。
でも、最近(撮影自体少ないにもかかわらず)あえて*istDを持ち出すことが多くなっている。レンズは40mmをほとんど着けっぱなし状態だ。
特に目的を持たずに撮るときはこのレンズは重宝する。
20081111_ist003_450x300
ただ、どうも*istDというカメラはその絵作りに当たり外れがあるような気がする。(単にウデの問題もあるのだろうけど(^^;)
加えて、やはり焦点距離の違うレンズが欲しいときが多々ある。
自然体で撮るときには40mmでいいのだが、被写体に対して等身大で撮りたいときに(表現が随分抽象的になってしまうけど)77mmを使いたくなる。
そうなると物臭な私はレンズ交換が面倒になってくるw
と、悩んでいるときに天使が微笑んでくれた♪
一つ前のモデルになるがK10Dというカメラを天使が運んで来てくれたのだ。
一つ前とはいうものの、基本性能には全く不満の余地もなく、絵作りは*istDに比べ若干派手になっているようだが、基本的にPENTAXらしく素直な感じで、とても私好み♪
20081111_k008_450x300
AFも*istDに比べれば迷いが少なくなったようだ。
何より、白飛びに強くなったのは心強い。
ただ如何せん、使う人間がついて行ってない!
カメラの多機能ぶりにもそうだが、F1.8という絞りを使い切れない。
APS-Cでこれなんだから、フルサイズのイメージセンサーなんか使ったらとんでもない。
とても私の手に負える代物じゃない!
20081111_k006_450x300
間違いなく、良質のカメラ。良質のレンズである。
あとは使う人間が如何にこの性能に追いつけるか・・・それが今、一番の悩み。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2008

破損・紛失

自分がほとほと情けなくなるときがあります。
昨日、加茂山公園というところに遊びに行きました。
カメラを持っては行きましたが子連れと言うことで目的は全長150mの滑り台。
調子にのって三回乗ったのですが、その二回目。
乗り込む時にバランスを崩してカメラを入れたバッグを落としてしまったんですね。
一応カメラバッグでしたからクッション材入ってるし、わりと機械を信用してるので(w)あまり気にしなかったのですが、滑り終えてから ちょこっと撮影しようと思いファインダーを覗いたらなんかおかしいんですよ。
そう、部分的にソフトフォーカスがかかったような感じで・・・
20080419_005_450x300
おかしいな~と思って見てみると 見事にフィルターが割れているではないですか!
いやぁ~、この時ほど保護フィルターを付けていて良かったと思ったことは過去一度もないですね(^^;
普段はレンズ保護フィルターに関しては 人に訊かれると「撮影にはほとんど意味もないはずだからレンズそのものよりも安価な素材・コーティングを使っている保護フィルターは必要ない」と言いながら、自分では持っているレンズ全てに装着していますw
今度からは理論だけではなく「己の性格を把握して必要だったらフィルターは付けるべき」と言うようにしましょう。

今日はというと。。
みなさんはカメラのストラップってどうしてますか?
私は普段は取り付けてないです。
メインで使うCanonにはNikonのハンドストラップを装着し、最近サブ的な使い方になっているペンタにはハクバ社のハンドストラップを付けています。
構えたときとか何かとネックストラップって邪魔なことがあるんですよね。
防湿庫にしまうときもストラップは邪魔です。(というか防湿庫にしまうときには湿気を帯びるものはなるべく排除するべきですからストラップは取り付けておかない方が良いらしいですね)
でも、欲しいときもあります。
そのためにタムラック社の簡単に取り外せるタイプのもの(普通のストラップは取り外しが・・・)を二本持っていたんです。
実は去年の紫陽花の時期に撮影場所に一本置き忘れてきたようで、それ以来ずっと一本で使ってきました。
でも、やはり二台持ち歩くときには二本ないと何かと不便。
ってことで昨日、去年無くしたものと同じものを買ってきました。
久しぶりに二本揃ったのですが、本日撮影にさいし、ネックストラップがジャマになったため取り外していたんです。
そう、それまでは装着していたんですよね。
で、カメラバッグのポケットに入れたつもりだったのですが・・・
帰ってみたらないんです!
あれぇ?と思って車の中を探してみてもない!
どこを探してもないないない!!!
昨日買ったばかりなのにぃ~!
ということで自己嫌悪に陥って書いています。
20080420_p001_450x300
どうしようかな・・・また 同じストラップ買わなきゃいけないのかな・・・(涙)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 13, 2007

カメラが壊れた。

壊れたと言ってもDSLRではなくコンパクトのほう。
職場に行くときに裸のままトートバックに突っ込んで行ったり、出かけるときにポケットに入れたりしているもの。
随分乱暴に扱ってきた。
精密機器といってもそうそう壊れるものではない(と思うw)
今日ちょっと用事があって職場で持ち歩いていたらお客さんに声をかけられ振り向きざまに床に落としてしまった。
その時は別段気にもせず笑っていたが一通り接客も終わり 予定の撮影をしようとしたら電源を入れてもピントが合わない。
液晶が半分くらいブラックアウトしてる(というか画像がずれている)
やっちまった!
以前 DSLRにストロボをつけたまま落下させたことがあったがストロボのちょっと割れただけで機能的にはなんの不具合もなかった。
機会が壊れるなんか運でしかないと思っている私だから「壊れちまったものは仕方ないな」とすぐに諦め 職場のデジカメで用をたした。

帰ってから壊れたデジカメを取り出しちょっといじっていた。
ま、高いものではないし直すくらいなら買ってもいいか。と思ってwebで目星をつけた。
当然内心は買うつもりでいるから 壊れたなら壊れたなりに遊んでみよう!と分解してみたw
#00のフィリップスドライバー一本で全て分解できる。
別に専門家でもないので分解したところで何が判るわけでもない。ただ分解してみただけ(^^;
さすがにレンズユニットはバラすことはできなかったが 沈胴式のレンズが格納できないこともあり、どうも壊れたのはレンズユニット内部のようだ。
このままでは撮影もできないわけで 行く先はゴミ箱だけなら・・・と思い再度組み立てて格納しないレンズを無理矢理ひねったり押したり・・・ごりごりって音がしてw・・・
電源を入れ直してみたら
「ん?さっきとレンズの動きが違う」
これはもしや!と思い更にごりごりっと(笑)
「お、さっきよりもレンズが格納できてる♪」
更に微妙にごりごり(鏡を見てはいないけど たぶんニコニコしながらやってたと思うw)
何度かごりごりの微調整をしていたら動くようになったではないか(爆)
でもちょっと液晶がちらつく感じがする。
そこで再度分解。
よくわからないが基盤から出ている配線をちょこちょこといじってみた。
そのまま組み立てて電源を入れたら・・・おぉ!ほとんどレンズが格納状態に近づいている!!
これはなんとかなるかもしれない。と無理矢理手で押し込むとカチって音とともに格納終了。
レンズ保護シャッターも閉じた。
電源を入れてみると何事もなかったかのように動き始めたw
やばい・・・直してしまった(汗;;;
って~ことで 新しいコンパクトを買うことなく、まだ当分このオモチャを使うことになりそうです。
残念なのは 分解中に写真を撮っておけば良かったと。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 15, 2006

プロだから言える、プロだから言えなかったこと。

ちょっと前の話になりますが、「This is Tanaka」こと田中希美男プロの「Photo of the day」10/30の記事、読んだ方もいらっしゃるかと思います。
よくぞ言いましたね。
いやぁ、いろいろな機材のレビューを書いている田中氏だからこそ言えたことではなかったでしょうか。
でも、語調をみると余程ストレスがたまっていたのでしょうか。
田中氏の場合、写真そのものもそうですが、田中氏個人のイメージもプロとしての彼の価値を左右するような立場にいるカメラマンだと思います。
機材のレビューもメーカーに媚びを売らずに思ったことを伝える彼の姿勢を(まぁ、一線を越えたような発言は控えているでしょうが) その読者にまで向けてきています。
自分に思い当たる節のある方は多少の不快感を覚えるかも知れませんが、今まで言えなかったことを吐き出したような記事には賞賛を送りたいと思いますね。


20061115b


と言いつつも やはり未発売機の画質は気になるところであることは確かw
田中氏の意見はもっともだと思うけど 幾多の機材を使っている彼だから言える言葉。
普通のアマチュアの多くは一度手にいれたら それがメイン機種になることも事実です。
特に私も*istDを使っていて、発売された当初から他社のカメラに比べて線が太いという印象は持っていました。
DS、DS2となって少しずつ変わってきていますが それでもポンと買い換えられないのがフツ~のアマチュア。
大雑把に画質はどうなの?と言われても答えようがないでしょうけど、個人的には*istDと比べてどうなったのかなぁ?と、やはり気になるところです(^^;
一つ前の機種との画質比較は時々目にすることはありますが3つ以上前の機種との比較ってなかなか出てこないから・・・と、言っても田中氏でもこの比較はしてくれないでしょうw
ペンタックス自体も今までのラインナップは*istDを除いて 入門機と言ってます。
と言うことはK10Dはクラス的には*istDの後継機種なわけで、購入意欲のある者にとってその画質の違いは気になりますねぇ。
銀塩の場合はボディ自体はほとんど画質には関係なかったので(厳密に言えばフィルムの平面性とかいろいろあるのですが)新機種がでたからと言って画質云々は全然気にならなかったのですがデジタルはカメラという個体で画質まで左右してしまいます。
それも日々進化を続ける発展途上の分野。
悪くなっているはずはないから 気にしなくても良いと言えばいいのですが・・・

そうそう真面目にK10Dは手にいれたいと思っているのですが、最近かみさんのPCが調子悪いようで。。
う~~ん。。。すぐには手にいれられないだろうなぁ(涙)

| | Comments (2)

October 27, 2006

時々広角が欲しい

あまり広角への憧れはないと自分では思っています。
たぶん、私がヘタなんだろうけど ファインダーの中に余計なモノがいっぱい見えてくる。
だから広く写してしまう広角は得意じゃない。
そう使えないんです(^^;
でも、時々ね。欲しくなるんですよ。
20061027b
これ、今年の夏にちょっと話題になった岡本太郎さんの幻の作品と言われたもの。
実は三枚の合成なんです。
こういうときって無性に広角を持ってない自分が恨めしくなりますよねw

Art06_099_01_kawanishi
これもそう。三枚合成。

もちろん 広角でもトリミングしなくてはこのサイズにすることは不可能ですが はやりワンショットで撮れるのって魅力ですよ。

でもたぶん買わない。
なぜなら やはり私では使えないような気がするから・・・
っていうか一番のネックは「高い!」w

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 08, 2006

*istDの困惑

*istD一台で撮影していた頃はあまり気にならなかったのですが、20Dと二台体勢にしてからちょっと困惑していることがあります。

普段 私はホワイトバランスをデイライトに設定してあります。
PSで現像する際、20Dは撮影時の設定でデイライトにしておけば色温度5000k 補正0で固定されているのに対し、*istDはデイライトに設定してあっても撮影時の条件によってなのか?色温度、補正とも微妙に違っているんです。
以下、ほぼ同一時刻に撮ったほぼ同アングルの三枚。
RAWから無補正で現像、リサイズしたものです。
430035
435032
450027

ピント位置の確認で撮ったモノですが現像してみて色が違う(^^;
*istD使い始めて2年近くたっているのに今更ながらペンタックスの仕様に困惑してしまいます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2006

チョットした小物

最近とうとう入手してしまいました・・・アングルファインダー。
*istDと20D両方で使えるようにアダプター式の社外品。
ファインダー取り付け部がプラスティック製で耐久性にちょっと不安がありましたが、まぁ常に使うモノではないないのでヨシとしました。
P_2
因みにペンタトップに付いているのは百均で買った水平器を分解して撮り出したもの。アクセサリーシューカバーにぺったんとつけてみましたw

*istDもハンドストラップをつけて使用しているのですが 20Dに取り付けたのはNikon製、このストラップは優れものでリスト部を締め付けることができることによって誤ってカメラを話してしまうことがあっても落下してしまうことがありません。
ってことで右手首に20Dを引っかけて*istD使ってることもあります(^^;
Nikongst
写真では判りませんが実はネックストラップも付いているんです。
タムラックのものでクイックリリース機能付きなので必要な時に簡単に取り付けることができます。
一台で使う時はネックストラップは使いませんが 二台持つ時はどちらか一台にネックストラップをつけて持ち歩いています。

ついでにNikonのレンズキャップも使ってますw
でも、使い勝手はいいですよ(^^;
Nikonkcap

えっと、今日はカタクリを撮りに行ったんですけど ほぼ壊滅状態・・・
いえ、カタクリは盛大に咲いていたんですけどね。
ダメでした(涙)
20060407blog


| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2006

最近の悩み・・・

昨年末からあまり撮影回数は多くはないけど、*istDと20Dとの二台体勢で撮している。
そこで最大の悩みが露出・・・
*istDではスポット測光を使って露出を決定していたけど、20Dにはそれがない。
そこで評価測光となるのだが、これがよく分からない(^^;
さすがキャノンって感じでハズレはないんだけど・・・分からない。。
20060325blog
写真上が*istD
f.4.5
1/4000
+1.0EV
写真下が20D
f.4.5
1/4000
-0.7EV
これは*istDで画面中央部の水芭蕉の背面の白い部分をスポット測光して+1EVの補正で決定し撮影した後、20Dの評価測光で同じ露出値になるように補正をかけて撮してみたんです。
実はここで1つ失敗していまして。。(汗;;;
*istDはISO200
20DはISO100で撮影してしまったんです。
う~~ん。。*istDのほうが暗い・・・え?ちょっと待って。
*istDのほうが高感度の設定なわけだから同じ絞りとシャッター速度の組み合わせなら*istDのほうが明るくなっていいんちゃうの?
まぁ、ちょっと間違えてしまったところもありますが、中央部を測光してプラス補正と判断してしまうような場面で20Dの評価測光ではマイナス補正を行わなくてはいけないということには変わらないのかな・・・
やはり解決しない。。

30Dはスポット測光あるんだよなぁ・・・いいなぁ・・・・

| | Comments (5) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Animal | art | Bird | Flower | monochrome | Nature | photo | ski | temple | Web | カメラ・機材 | 写真 | 季節 | 雑談